プロバイオティクス、森永乳業がビフィズス菌で認知対策

 プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、共生を意味するプロバイオシス(probiosis)を語源としている。probiosisのうちの「pro」は「共に、~のために」、「biosis」は「生きる」を意味する。英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義「腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」が広く受け入れられているという。現在では「十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物」(FAO/WHO)という定義の公表もされている。なお、その微生物を含む食品そのものもプロバイオティクスと呼ぶこともある。主なプロバイオティクスとしては、乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、酵母などが知られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)