希少糖、プシコースの日本向けの供給始まる

 希少糖は、グルコース(ブドウ糖)やフラクトース(果糖)、ガラクトースとは異なる単糖およびその誘導体の総称。「希少」とは、自然界に多量存在する単糖であるグルコースやフラクトース、ガラクトースに比べ、自然界での存在量が少ないことを意味している。希少糖は50種以上ある。2001年設立の国際希少糖学会(会長:何森健・香川大学特任教授)が、希少糖を定義した。何森特任教授は各種の希少糖を大量生産する道筋を示した。なお、広く知られたスクロース(ショ糖、砂糖)やラクトース(乳糖)は単糖が2つつながった二糖であり、単糖ではない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)