エルゴチオネインはキノコや一部の微生物のみが合成する希少アミノ酸。イオウ原子(S)を含むアミノ酸の1つで、強い抗酸化活性を持つ。ヒトなど哺乳類の体内では合成されない。キノコなどの食品から摂取するヒトでは、体内の存在量が加齢とともに減少する。長寿に寄与し得ることから「長寿ビタミン」とも呼ばれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)