2015年に運用が始まった機能性表示食品の制度で、機能性アミノ酸を機能性関与成分とする届け出が増えている。GABA、テアニン、ロイシン、BCAA、グリシン、セリン、ヒスチジン、オルニチン、ニンニクGSAC、シトルリンなどだ。アミノ酸は自然界には500種類ほど存在する。蛋白質を構成する主なアミノ酸20種類の他にも、多くのアミノ酸が健康機能素材としても活用されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)