免疫機能食品、抗加齢協会が科学的根拠の考え方公表

 2019年末からの新型コロナウイルス感染症の拡大により、日常の生活で免疫力を高めておくことの重要性への関心が高まっている。日本では2015年度に運用が開始された機能性表示食品の制度で、「免疫機能の維持に役立つ」という免疫の健康強調表示(ヘルスクレーム)が認められた。現在のところこの免疫ヘルスクレームの届け出が受理された機能性表示食品は、機能性関与成分がキリンホールディングス(HD)のプラズマ乳酸菌に限られる。次にどのような機能性関与成分が、日本の免疫ヘルスクレームで登場するか注目されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)