2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)対応のバイオエコノミーを推進するため、環境負荷が小さい酵素技術のニーズは拡大している。さらには、2020年から各国・地域が打ち出した脱炭素社会の実現のためには、太陽光をエネルギー源とする必要がありバイオマスの利活用の需要が高まっている。このバイオマスを利活用するための酵素の需要も高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)