便秘症は人口の1割とされるほど患者数の多い疾患である。米Sucampo Pharmaceuticals社の調査によれば、米国の成人患者数は4200万人、年間の診察件数250万回、入院件数9万2000件で、そのうち原因が特定できない慢性特発性便秘症は1200万人としている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)