アルブミン/血漿分画製剤/代替血液関連技術、iPS血小板が国内で治験入りへ

 血漿分画製剤は、治療に有用な各種の蛋白質を血漿から分離・精製した医薬品で、血液凝固因子製剤、アルブミン製剤、組織接着剤、ヒト免疫グロブリン製剤などが含まれる(血液凝固因子製剤については「血友病治療薬」の項目参照)。血漿分画製剤は倫理的な観点から、国内で自給を行うのが国際的な原則である。厚生労働省は血液製剤の国内自給率向上に取り組んできた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)