全身性エリテマトーデス治療薬、抗IFN受容体抗体が米国で承認

 全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)は、発熱、全身倦怠感などの全身的な炎症および、筋・関節、皮膚・粘膜、内臓で多臓器障害が起こる自己免疫疾患である。遺伝的素因、女性ホルモン、ウイルス感染に加え、種々の外的要因などが発症に関わると考えられているが、詳細は分かっていない。SLE患者のほとんどは、細胞核内の種々の分子に対する抗体(抗核抗体)を保有している。その抗核抗体と核内分子から成る免疫複合体が血管に沈着し補体系を活性化し、血管や組織を傷害することで関節炎、皮膚炎、ループス腎炎などを引き起こす。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)