関節リウマチ治療薬(低分子化合物)、JAK阻害薬の安全性にFDAが懸念

 関節リウマチの治療は、古くは非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)と副腎皮質ステロイドによる疼痛と炎症のコントロールを中心として、そこに疾患修飾抗リウマチ薬(DMARDs)が組み合わされてきた。しかし、近年になると「発症後できるだけ早く関節炎を抑え、関節破壊を防ぐことが重要な治療ポイントである」と大きくガイドラインが改訂されて、発症早期から強力な薬を使うことが推奨された。その結果、抗体医薬を代表とする生物学的製剤の処方が大きく伸びることになったのである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)