肥満は日本において治療の対象となりにくいが、世界では危険な疾患との認識が広がっている。2017年の米NEJM誌に発表された論文によると、全世界で体格指数(BMI)が30以上の肥満者は7億1200万人と報告されている。米疾病対策センター(CDC)でも、米国の肥満者の数は7500万人、過体重を含めると1億3000万人としており、成人の3分の2に当たる。肥満が関連する疾患に掛かる年間拠出は1470億ドル(約16兆円)を上回るとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)