腎臓がんは、腎細胞がんと腎盂がんが主であり、多くは成人に発生する。腎細胞がんは尿細管の細胞、腎盂がんは尿路の細胞がそれぞれがん化したものであるため、両者の性質や治療法は異なる。腎盂がんには膀胱がんに準拠した化学療法が行われるが、腎細胞がんは近年多数の分子標的薬が誕生して化学療法が劇的に進歩した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)