再生医療は、原料となる細胞を患者自身(自家)から取るか、ドナーやセルバンクなど患者以外(他家)から取るかで大別できる。製品が普及し始めた当初は、自家細胞を使った培養表皮や培養軟骨が主流だったが、近年では他家細胞由来の製品も増えてきている。健常者の分化細胞を使ったり、健常者由来のiPS細胞を分化誘導したりしてシートや三次元組織化したものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)