地域別に売上収益を見ると、国内では1666億3900万円(前年同期比10.5%減)の2桁台の減収となった。主力製品の貧血治療薬の「ネスプ」(ダルベポエチンアルファ)とそのオーソライズドジェネリック(AG)が、複数のバイオ後続品が発売されたことで影響を受けたことが響いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)