米Pfizer社の2020年度決算は売上収益が、419億800万ドル(前年同期比19.0%減)となった。ただし、事業再編などの特殊要因の影響を除いた前年同期(組み替え後)との比較では1.8%増、為替の影響を除いた実質ベースでは前年同期比3%増の増収を確保している。事業再編が完了したことで、新生Pfizerはバイオファーマシューティカルズ事業部門の単一セグメントになったが、当該部門の業績も同7.2%増と堅調に推移している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)