米Merck社の2020年度決算は売上収益が479億9400万ドル(前年同期比2.5%増)で11億5400万ドルの増収だった。詳細は後述するが、キイトルーダの増収額は32億9600 万ドル。差額は21億4200万ドルであるから、キイトルーダ以外の製品の減収額がいかに大きかったかを物語っている。実際、売上高が開示されている

35製品を見ると、増収の13製品に対して減収は22製品に上っている。なお、為替はマイナスに働いており、為替の影響を除いた恒常為替レート(constant exchange rate:CER)ベースでは4%の成長率だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)