英GlaxoSmithKline(GSK)社の2020年度決算は売上収益が、340億9900万ポンド(前年同期比1.0%増)の増収となった。為替の影響を除いた恒常為替レート(constant exchange rate:CER)ベースでは3%の成長率となっている。事業セグメント別に見ると、全体の50.0%を占める医薬品事業は170億5600万ポン

ド(同2.8%減、CER ベースで1%減)。主力製品の減収を新薬の成長による増収で補えなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)