ドイツBayer社の2020 年度決算は、売上収益が414億ユーロ(約5.3兆円、前年同期比4.9%減)と減収となった。減収の内訳を見ると、数量は3.0%プラスに影響したが、為替は4.4%、価格は2.4%、製品構成は1.1%のマイナス要因になった。為替と製品構成によって調整した実質ベースでは0.6%の増収と報告されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)