藻類の選抜と育種、培養技術の進歩により藻類を用いたビジネスの機会は拡大している。既にクロレラやスピルリナ、アスタキサンチン産生藻類など、付加価値が高い生産物が事業化されている。藻類の生産性向上と低コスト化には、藻類の育種が重要になる。外来遺伝子を含まないためカルタヘア法の規制対象外となるタイプのゲノム編集育種技術に、注目が集まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)