日本の「花きの振興に関する法律」(平成26年法律第百二号)では、「花きとは、鑑賞の用に供される植物をいう」と定義されており、切り花類、鉢もの類、花木類、球根類、花壇用苗もの類、芝類、地被植物類をいう。農林水産省が2019年12月にとりまとめた資料「花きの現状について」によると、2017年の花きの国内産出額が3687億円、輸入が511億円で、流通を経た国内消費は1兆1000億円で、輸出が138億円。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)