日本における花の市場規模は産出額ベースが年4000億円(うち輸入が500億円)で、末端消費は1兆1000億円。輸出は100億円。日本における産出額の最も多い花はキク。2018年の産出額は614億円で都道府県別では愛知県が35%を占めた。これに次ぐのが353億円の洋ラン(鉢)。3位以降には、ユリ、バラ、トルコギキョウが続く。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)