ナスはインドを原産とするナス科ナス属の野菜で、日本では1200年以上前の奈良時代から栽培されている。各地で特徴的な地方在来品種が栽培されており、日本のナスの種類は180以上ともいわれる。近代的な品種改良によって育成された優良なF1品種(一代交配種)が広く栽培され、食卓でもなじみの深い野菜だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)