脂肪酸に占めるオレイン酸の含有比率が高いダイズ品種について、米国からの輸入が本格化する。遺伝子組換え育種品種、ゲノム編集育種品種、伝統的な交配育種品種の3種類がそろった。韓国Toolgen社も米国で植物防疫法の規制対象外の確認を終えた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)