植物由来肉は、フードテック(食品技術)分野の主要領域。10年ほど前から米国西海岸が発信源となりIT関連の人材や資金が食品分野へと流れ込み始め、代替肉や調理家電、デリバリーテクノロジーをはじめとする幅広いフードテック領域におけるベンチャーキャピタルによる投資額は2019年に150億ドル(約1.6兆円)に達した。気候変動対策、フードロス、生物多様性確保といった社会課題を解決する取り組みとしても注目度が高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)