ウシやブタ、トリなど食肉用畜産動物の細胞や、魚やエビなどの海産物の細胞を、組織培養によって短期間で生産する培養肉が注目を浴びている。伝統的な畜産業などに比べて地球環境への負荷を少なくでき、また清浄な環境の工場で生産されることから「クリーンミート」とも呼ばれる。牛肉の場合、通常の畜産では3年がかりだが、細胞培養肉なら1~2カ月で生産できると報告されている。米国ATカーニーリポートでは、食肉市場における代替肉(培養肉や植物由来肉など)の比率は2025年に10%、2040年に60%にまで拡大すると推定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)