細胞間脂質の主成分であるセラミドにグルコースが結合したグルコシルセラミドや、ホスホコリンが結合したスフィンゴミエリンが、機能性スフィンゴ脂質として、食品や化粧品の分野で実用化されている。肌対策のグルコシルセラミドの機能性表示食品は、コンニャク(蒟蒻)セラミド飲料を資生堂が2016年9月に、コメ(米)セラミド飲料をエーザイが2016年10月に発売した。花王は「50代以上の方の歩行能力の維持に役立つ」乳由来スフィンゴミエリンを機能性関与成分とするサプリメント「リファインMFGM」の販売を2018年初めから開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)