世界の関節リウマチ患者数は2370万人、国内で治療中の患者数は37万3000人とされる。利便性の高い経口薬のJAK阻害薬がブロックバスターに成長、日本発の製品も登場した。BTK阻害薬の開発が活発化、米BMS社はバックアップ化合物に切り替えて第2相をやり直している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)