関節リウマチ治療において生物学的製剤は、その強力な関節破壊抑制効果が評価されて巨大市場を形成した。しかし、市場をけん引してきた上位3製品にバイオ後続品が登場し、その影響を受けて減収に転じている。抗GM-CSF抗体であるオティリマブにはファースト・イン・クラスの期待がかかる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)