嘔吐には抗がん薬やオピオイドによって誘発されるものがある。がん化学療法に伴う急性嘔吐に対しては、5-HT3受容体拮抗薬やNK1受容体拮抗薬が盛んに開発された。しかし既に後発品が登場しており、開発は既存薬の剤形追加あるいは配合薬が中心になっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)