片頭痛の有病率は国内で8.4%、欧米で10%から15%と患者数の多い疾患である。カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)やその受容体を標的とした抗体医薬、低分子薬が欧米で発売となり、販売競争が激化している中、国内ではいずれも承認されておらずドラッグラグが発生している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)