免疫抑制薬の領域はアステラス製薬とスイスNovartis社が2大勢力である。アステラス製薬はプログラフのライフサイクルマネジメント(LCM)を実施して、売上高の維持に成功している。モダリティとして細胞医薬が注目されており、移植患者の免疫抑制能を検証する試験が進行中だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)