アトピー性皮膚炎の国内における受診患者数は約51万人で、市場規模は400億円程度と推定できる。抗体医薬や、PDE4阻害薬の軟膏製剤が登場するなど治療選択肢が広がっている。日本たばこ産業のJAK阻害薬が国内承認を取得、世界初のJAK阻害薬の外用薬となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)