栄養機能食品は、日本における食品の健康強調表示(ヘルスクレーム)制度の1つ。1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能を表示できる制度。表示できる機能は、国・消費者庁が定める。2001年に、保健機能食品の1つとして制度化された。保健機能食品としては先に1991年に制度化された特定保健用食品(トクホ)、2015年に制度化された機能性表示食品がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)