IgA腎症の発症率はアジア地域で高く、国内の患者数は4万人と推定されている。治療法は対症療法が中心だが、米国では抗体医薬候補がBreakthrough Therapyに指定された。また、エンドセリン受容体とアンジオテンシン2受容体に対する拮抗薬が第3相に入っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)