2018年に多発性骨髄腫と診断された人は世界で約16万人だった。レブラミドやプロテアソーム阻害薬、抗体医薬などによる様々な薬剤の併用治療が進む。BMCAを標的とした低分子やCAR-T療法などの薬剤の開発が進んでおり、ADCが米国で迅速承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)