天然ゴムは世界で年1200万t以上生産され、タイヤの用途が90%を占める。自動車の販売台数の増加に伴い、20年間で2倍以上に増加してきた。消費量の国別トップは中国で、世界全体の4割を占める。合成ゴムの需要も拡大しており、消費比率は天然ゴムが42%、合成ゴムが58%。天然ゴムは立体選択性が高く(シス構造が100%)で分子量が大きい(合成ゴムの2倍)ため、合成ゴムに比べて破壊特性などが特に優れており、今後も消費量の増加が見込まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)