特発性肺線維症(IPF)の有病率は国内で10万人に対して10.0人と報告されている。治療薬は「ピレスパ」と「オフェブ」の2種類のみで、それぞれブロックバスターに成長した。多様な標的分子を対象とした開発が進んでいる他、IPFに伴う咳嗽に対する候補品も登場している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)