家畜や魚由来のコラーゲンは機能性成分として食品や化粧品での実用化が拡大している。遺伝子組換え技術を用いて生産されるヒトコラーゲンは化粧品として実用化され、細胞培養や再生医療の基材としての開発が進む

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)