大腸がんはアービタックスやアバスチンなど分子標的薬の選択肢が多く、PD-1阻害薬を筆頭にバイオマーカーを活用した臨床試験が活発に行われている。HER2陽性タイプへの開発も盛んで、第一三共のエンハーツが有望な結果を示し話題となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)