腎細胞がん治療薬として複数種類が使用可能なマルチキナーゼ阻害薬は、海外で実績のあるカボザンチニブが2020年3月に国内でも承認を取得し、さらに選択肢が充実した。免疫チェックポイント阻害薬については併用療法の結果が出始めており、明暗を分けている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)