薬剤耐性菌が発生し、世界的な社会問題になっている。大塚製薬の抗結核薬は欧州で小児の適応の承認が推奨された。塩野義製薬と英GlaxoSmithKline社が開発したフェトロージャはカルバペネム耐性グラム陰性菌感染症に有効であり、大型製品化の期待が高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)