血栓が原因となる脳心血管障害による2017年の総患者数は150万人を超え、がんに次いで多い。抗凝固薬については、第Xa因子阻害薬の「エリキュース」が世界売上高のトップ、国内市場では「リクシアナ」が第1位となった。抗血小板薬では「ブリリンタ」がトップに立った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)