2020年9月に施行された改正血液法では血液由来iPSなどを研究開発に活用するための採血を認めた。国内ではiPS細胞由来血小板の治験準備が始まった。スリー・ディー・マトリックス(3DM)の吸収性局所止血剤が国内で承認を取得した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)