膵臓がんは新薬開発が最も難しいがんとして知られる。BRCA変異型に対するリムパーザの維持療法が欧米で承認された他、イリノテカンナノリポソーム化製剤の「オニバイド」が国内でも発売になったが、分子標的薬による治療の選択肢は不足している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)