胃がんの患者は日本を含む東アジアが半数を占め、その他の国では比較的少ない。このため胃がんでは国内企業の活躍が目立つ。ADCのエンハーツが3次治療で国内承認を獲得、免疫チェックポイント阻害薬は1次治療で国内申請が行われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)