便秘症は年齢が高まるにつれて有病率も上昇し、患者は増加傾向にある。潜在患者を含めると国内には1000万人の患者がいると推定されている。国内では海外の標準治療であるPEG製剤が登場した他、ファースト・イン・クラスの薬剤となった「リンゼス」の売り上げが伸びている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)