糖尿病網膜症は2型糖尿病の発症後20年で60%の患者に発症する疾患である。治療薬は血管新生阻害薬である「アイリーア」および「ルセンティス」が用いられる。両薬を開発したスイスRoche社とスイスNovartis社が、それぞれ異なる品目を後継品として開発している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)