肺がんは死亡率が高く患者も多いため、多数の分子標的薬が開発されている。EGFR阻害薬やPD-1/PD-L1阻害薬、ALK阻害薬などのクラスで複数の薬剤が上市され、薬剤の選択肢が広がった。MET阻害薬など、ごく少数の遺伝子変異を対象とした薬剤も相次いで開発されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)