2019年のノーベル生理学・医学賞は体内の低酸素応答に関わる因子と、その制御機構が受賞した。歩を合わせるかのように、低酸素誘導因子HIFをターゲットとした低分子化合物による腎性貧血治療薬が承認。慢性腎臓病および維持透析患者に起こる腎性貧血だけでなく、虚血性疾患への広がりにも期待がかかる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)