国内で販売されている抗体医薬と融合蛋白質医薬は合計で71種類になった。世界売上高トップは抗TNFα抗体の「ヒュミラ」であったが、販売開始以来初の減収となった。2020年には第一三共の抗体薬物複合体が日米で発売され、ブロックバスター化に期待が掛かっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)